アキノリがブログ

31才でセミリタイヤ。生活にお助けになるような情報を紹介レビューしてます。その他気ままに日々の生活を執筆してます。

為替の基礎を勉強。円高円安の仕組みについて!

どうも、アキノリです^ ^

今回は為替の基礎でもある円高円安について少し解説します。

USD/JPY(ドル円)を基準とした場合、円高円安は1ドルに対しての価値の事を言っています。

円安とは

1ドルが100円の場合、1ドル110円と高くなった時に円安と言います。

ドルの価値が上がっている為ドル高とも言います。

f:id:akinori33:20200516205808j:plain

円高とは

1ドルが100円の場合、1ドル90円と安くなった時に円高と言います。

ドルの価値が下がっている為ドル安とも言います。 

f:id:akinori33:20200516205837j:plain

円高円安の疑問

「高くなってるのに円安?」

「安くなってるのに円高?」

 

これは”ドルに対しての価値”がキーワードです。

小学生でも分かる円高円安の事例!

例えば、昨日は100円で1ドルを交換できました。

しかし、今日になると110円で1ドルを交換しないといけなくなっていました。

昨日と今日では10円高くなっています。

 

先ほどの”ドルに対しての価値”に焦点を当ててみて下さい。

 

つまり、円の価値はどうなりましたか?

昨日の100円で交換してもらえた事を基準に考えます。

今日はドルが110円。

上がっている。

10円多く払わなければならない。

損じゃないですか?

損という事は、円の価値が下がっていますね。

これが円安です。

反対に、今日はドルが90円。

下がっている。

10円少なくていい。

ラッキー!

ラッキーという事は、ドルに対して円の価値が上がっていますね。

これが円高です。

このように考えれば円高円安の仕組みが理解できると思います。

 

以上になります。

最後まで、お読み頂きありがとうございますm(__)m

 

▼宜しければポチって頂けないでしょうか?

スポンサーリンク