アキノリがブログ

31才でセミリタイヤ。生活にお助けになるような情報を紹介レビューしてます。その他気ままに日々の生活を執筆してます。

アメリカの医療費が殺人レベル。絶対に健康な時にしか行けないよ。

どうも、アキノリです^ ^

f:id:akinori33:20200402231519j:plain

外国に行った時に起こりやすいトラブルとして「強盗」「置き引き」「スリ」などがあげられますが、それと同じくらい心配なのは旅先での病気や怪我だと思います。

 

もちろん言葉などで今の病状などを伝えるのも大変かもしれませんが、それ以上に医療費の問題はもっと大変です。

 

最近では海外でかかった医療費の一部を負担してくれるようになったとの話もありますが、その話はあくまでも日本国内で同じ怪我、同じ病気にかかった場合にかかる平均的な費用分を負担してくれるというだけです。

 

それ以上にかかった費用に関しては任意でかけた保険で賄うか自己負担になるというのが現状です。

 

”では先進国の中で最も高額な医療費がかかると言われているアメリカでもし病気や怪我をした場合一体どれくらいの金額を請求されるのか?”

 

今回はこの部分に焦点を当てて具体的事例を見ていきたいと思います。

アメリカの医療費

アメリカで救急車を呼ぶ

まず怪我や急病となれば救急車を呼ばなくてはなりません。

アメリカ国内はこの救急車も全て有料となります。

費用としては民営と公営、そして地域差がありますが最も安い場所で基本料金だけで2〜3万円がかかります。

あとは搬送距離数に応じてタクシーを利用したように請求額が加算されていくようです。

アメリカの外来費

外来の初診だけで3〜5万円は最低かかります。

まず診察を受けるだけでこの金額が地域差や病院の差もありますが最低でもかかってきます。

アメリカの手中治療室の費用

集中治療室も安くても1日40〜50万円、高い病院だと1日500万円以上の病院もあるそうです。

アメリカの医療費事例

  • 骨折だけで5〜6万円。(もし入院が必要な事例になれば数百万円単位になることも珍しくありません)
  • また貧血で入院したら200万円なんてケースも珍しくありません。
  • 盲腸手術で300万円(日本では10割負担でも60万円前後)。
  • 入院時の個室の部屋代は安くても1日15〜20万円。(高いところでは50万円以上)

アメリカの高額な事例

  • 交通事故による脳挫傷で33日入院で手術・入院費全て込みで5500万円以上。
  • 入院はなかったが、アキレス腱断裂と筋断裂の手術費だけで1000万円以上。
  • 陸上競技練習中の股関節打撲の治療費だけで300万円以上。
  • 心筋梗塞5日の入院で1000万円以上。
  • 肺炎で5日入院しただけで500万円以上。

現在コロナウイルスでPCR検査、そして数日間の入院で350万円の請求があったというニュースもありました。

まとめ

このように日本国内だと数万円ですむような事例がアメリカ国内では軒並み数百万円〜数千万円という金額がかかってきます。

それから海外から日本へ患者を搬送する場合の費用ですが、通常の定期航空便を利用して最低でも400〜500万円以上かかります。

いずれにしても入院・治療費をあわせて日本の数倍〜数十倍というのがアメリカの医療費の相場のようです。

もはやお金持ちしか助かりません・・・。

 

以上になります。

最後まで、お読み頂きありがとうございますm(__)m

 

インスタ( akinori33333)始めました。

やられてる方気軽にフォローお願いしますm(__)m

 

▼宜しければポチって頂けないでしょうか?

スポンサーリンク