アキノリがブログ

31才でセミリタイヤ。生活にお助けになるような情報を紹介レビューしてます。その他気ままに日々の生活を執筆してます。

断食は身体の細胞を活性化させる。痩せる為にやるものではない。

どうも、アキノリです^ ^

f:id:akinori33:20200328223755j:plain

僕は断食を定期的に取り入れています。

一日食べなかったり、三日食べなかったりと様々です。

その経験から断食は何の為にやるかという事です。

 

はっきり言って断食は痩せる為にやるべきではないって事です。

 

断食をすると確かに痩せはします。

しかし、その後普段の食事に戻している限りいわゆるリバウンドというのが起こります。

 

では何の為に断食をやるんだと言われれば、それはメリットだらけです。

断食をするメリットは大きく5つあります。

スポンサーリンク
 
 

断食をするメリット

消化吸収能力を高める

断食は痩せる為にやるべきではないって事に通じるんですが、断食をすると太りやすくなるという事もありますが少しの食べ物で充分な栄養を確保しやすくなる体質になるともされています。

太るという事を”悪い”と思ってる人には厄介かもしれませんが、実は良い側面でもあるという事かもしれません。

 

資質代謝を刺激する

糖質制限にも通じる事ですが、僕たちの社会は何も意識しなければ非常に糖質が多い環境になってしまっています。

そして僕たちは自分の身体のエネルギーシステムとして、糖と脂肪の二つのエネルギーシステムをもっています。

その内の糖ばかりを使ってしまう事に非常に慣れてしまっています。

その為もう一つの脂質代謝のエネルギーがいざという時に使えないという事がしばしば起こりがちなのです。

その脂質代謝をいざという時に使えるように普段から動かしておくという意味で糖質制限も重要です。

この断食もその刺激を強く行うという意味があるわけです。

 

未知の有毒物質を排除する

僕たちの食環境は非常に農耕技術、畜産技術の流通とうが発達したお陰で便利になっています。

24時間食品を手に入れる事ができるようになっています。

しかしその反面保存料や着色料、自然界には存在しない”不自然な物質”が食事と共に入ってくるリスクを抱えていくという環境の中で生きています。

そしてそもそも食べるという行為は栄養だけではなく、多かれ少なかれ毒素も取り入れる行為です。

そうした不自然な物や有毒物質から逃れる事は難しい環境で生きています。

そんな中で取り入れてしまった毒を排除するシステムを活性化するのが断食の効能であるわけです。

食べない事によって、その間には尿や便や汗などによって排出すべきものを身体が排出する時間を多く確保する事ができます。

スポンサーリンク
 
 
タンパク質再利用効率を高める

2016年にノーベル賞をとられた大隅先生の発表でオートファジーというシステムが発見された事が話題になりました。

オートファジーとはタンパク質を外から摂取しなくても自分のタンパク質を分解してさらにそれを再利用するという事です。

これが食べない時間に活性化するという事が分かっています。

つまりこのオートファジーをうまく動かす為に定期的に断食をしておく事は非常に有効なことなのです。

そうするといざという時にタンパク質不足にならずにすむというメリットがあります。

 

長寿遺伝子を発現させる

断食をする事によって普段は発現してない遺伝子を発現させるという離れ技までできるのです。

断食は今身体が危機的状況というサインにもなるわけで何とかして生きようと普段使っていない遺伝子を発動させてより生きやすくなるシステムを活性化させるキッカケにもなります。

サーチュインという遺伝子が有名ですが、こうした遺伝子が断食によって活性化される事が動物実験でも証明されています。

 

まとめ

このように5つの大きなメリットを上げましたが、いづれに痩せるという意味でやるよりは身体の持っているシステムを活性化させてより健康状態を維持する為に行っている側面があるという事が理解できるのではないでしょうか。

 

決して表面的な痩せるという現象に囚われてはいけません。

 

そうすると断食をする本当の意味を見失ってしまう事になるからです。

 

僕たちが生きる今の世の中は食べるという事が非常に大切な事とされて食べる事に意識が向きすぎなように思います。

 

食育という言葉もありますし、食べる事は生きる事である、食べる事は栄養をとる事だとか、食べる事について非常にポジティブな側面ばかりが強調されます。

 

学校給食などでも食べない子供が非常に形見の狭いような思いをする環境にありますが、この断食=食べないって事について正しく知れば、この食べるという事についてもより良い理解へと繋がり健康というものを考えるキッカケになるのではないでしょうか。

 

以上になります。

最後まで、お読み頂きありがとうございますm(__)m

 

インスタ( akinori33333)始めました。

やられてる方気軽にフォローお願いしますm(__)m

 

▼宜しければポチって頂けないでしょうか?

スポンサーリンク