アキノリがブログ

31才でセミリタイヤ。生活にお助けになるような情報を紹介レビューしてます。その他気ままに日々の生活を執筆してます。

【幕末】新選組の二番隊組長は昭和まで生きていた!彼が書き残した手記に新選組の真の姿があります。

どうも、アキノリです^ ^

幕末の剣客集団といえば新選組です。

f:id:akinori33:20200326231007j:plain

本当に実在したの?って方がおられますが実在しました。

しかも今からたったの150年前の話です。

150年前ってつい最近のような気がしませんか?

だからこそより信憑性があるので僕は興味を抱きました。

 

新選組とは簡単に言えば今の警察です。

京都の治安維持の為に形成された治安部隊なのです。

そこで今回紹介したい人物はこちら。

永倉新八」です。

f:id:akinori33:20200326223910j:plain

前列中央が晩年の永倉新八 / Wikipediaより引用

永倉新八について

永倉新八と言えば明治の時代に疾風のごとく駆け抜けた伝説の刺客集団あの新選組で二番隊組長として活躍した人物ですね。

 

そして新選組の中でも昭和の時代まで生きた一人でもあります。

 

新選組といえば有名なのは池田屋事件ですね。

 

数々の仲間が戦線離脱した状態で局長の近藤勇とたった二人で屋内の戦況を維持した末恐ろしい剣客です。

 

この池田屋事件で明治維新を二年ほど遅らせたと言われるほど新選組の名が一躍世に轟いた事件でもありました。

実は新選組で一番強かったのは永倉新八

明治30年代には史談会に参加した元・新選組隊士の阿部十郎が沖田総司や斎藤一よりも永倉さんの方が稽古が進んでいたと語っている通り新選組の中で最強の男だと証言もされています。

晩年の永倉新八

その永倉は冒頭でもお伝えした通り新選組幹部としては最も長生きした人物でもあり、散っていった隊士に代わって、悪者とされた新選組の名誉回復の為色んな資料を残されてます。

その中の一つでもある「新撰組顛末記」

この本には晩年の永倉新八が新選組の真実について赤裸々に語っています。

f:id:akinori33:20200327005732j:plain

 

そんな永倉新八の晩年エピソードを一つ紹介します。

当時80才の永倉新八はまだ幼い孫を連れて映画を見にいきました。

するとそんな永倉に5、6人ほどのヤクザらしき者が絡んできます。

無言で耐える永倉でしたが怯える孫の姿を見た途端、明らかに何かが変わります。

新選組時代のあの恐ろしい殺気を放ち出す永倉。

こうなったらおしまいです。

幾多の本当の戦を戦ってきた永倉とチンピラでは訳が違います。

その鋭い眼光で睨めつけ、気合声を放つ永倉。

チンピラ達は驚いて腰を抜かし逃げていってしまいました。

「おじいちゃん強いね」と孫が言うと、

「こんなの屁でもないわ」と言います。

ユーモアのある永倉ですが、その姿はきっと”あの頃”の姿だったと思いますね。

 

そんな永倉新八を今でも敬愛しています。

f:id:akinori33:20200326230725j:plain

以上になります。

最後まで、お読み頂きありがとうございますm(__)m

 

インスタ( akinori33333)始めました。

やられてる方気軽にフォローお願いしますm(__)m

 

▼宜しければポチって頂けないでしょうか?

スポンサーリンク