アキノリがブログ

31才でセミリタイヤ。生活にお助けになるような情報を紹介レビューしてます。その他気ままに日々の生活を執筆してます。

3年前に無一文になった話。儲け話、そして裏切り。恐怖と絶望。

どうも、アキノリです^ ^

昨日は本業の配達の方が忙しく朝から晩までフル稼働でした。

 

最近というかTwitter始めてからいきなりダイレクトメッセージ送ってくるヤツどういう神経してるか分からないです。

 

大抵お金の匂いしかしないような内容です。

 

毎回昔の記憶が蘇るのでちょっと控えて貰いたいですね。

 

 

昔の記憶というのは今から3年前にある儲け話に乗っかってしまい無一文になった時の事を思い返してしまいます。

f:id:akinori33:20200319013005j:plain

〇百万の借金を抱えてしまった頃のことを。

 

無一文と言いますのは、ちょっと出会って2年くらいの信用してた人に裏切られました。

 

あの出来事以降は出会う人全員、一切信用しなくなりました。

 

そのおかげであったかもしれないチャンスを見逃したりもしたと思います。

 

でも良いんです。

あのドン底を考えたらチャンスくらい糞食らえです。

 

妻には本当に迷惑をかけました。

借金のほぼ大半を当時会社勤めで働いていた妻のボーナスでまかなってもらったからです。

 

その頃僕は週3で時給900円の掃除のアルバイトをしてました。

なんてタイミングなんだ。

 

そんな大金払えるわけもなく妻に甘えていました。

  

どうしても足りない分はどうしようとなり、妻から僕の親に頼むように言われました。

しかし僕の親もお金で色々失敗をしておりその説明をしたら妻からじゃあ友達から借りるよう説得されました。

 

これは友達を失う。

 

瞬時にそう思い、一旦は妻に友達は嫌だと断りました。

すると妻から、なり振りかまってる場合ちゃうやろが!と一括されすぐに電話掛けーい!と言われました。

 

すぐに古い友人二人にそれぞれ電話をし、一人は電話に出なかったのでメールをしてもう一人は電話に出てもらえました。

その電話に出てもらった友人に色々事情を説明すると「お前やから貸す」と言ってもらえました。

 

本当にありがたかったです。

 

これによりなんとかこのドン底からは抜け出せる事になるのですが、肝心のもう一人の友人からはあれから3年が経ちましたが結局メールも電話も返ってきてません。

 

つまり縁は切れたと思ってます。

まさに「金の切れ目が円の切れ目」ですね。

 

お金って本当に大事だと強烈に実感させられた出来事でした。

 

しかし、人は怖いです。

あんなに優しく親切だと思ってた人が急に電話も出なくなり、ある日突然弁護士を通じてでしか会話もできなくなりました。

 

はっきり言って絶望でした。

 

弁護士からの通知書を見た瞬間心臓の音が直に聞こえてくるくらいドクドク鳴っていたのを今でも鮮明に覚えています。

 

その経験から思う事は結局人は孤独なんですよね。

他人はいつも疑えです。

そして信用するなです。

 

 

以上になります。

最後まで、お読み頂きありがとうございますm(__)m

 

インスタ( akinori33333)始めました。

やられてる方気軽にフォローお願いしますm(__)m

 

▼宜しければポチって頂けないでしょうか?

スポンサーリンク