アキノリがブログ

31才でセミリタイヤ。生活にお助けになるような情報を紹介レビューしてます。その他気ままに日々の生活を執筆してます。

一日一食を始めた結果...調子は良くなったのか。

どうも、アキノリです^ ^

f:id:akinori33:20200315231151j:plain

「一日一食」を実際に実践して1年が経ちました。

一日一食生活に関してのメリット、デメリットについて解説していきたいと思います。

まず一日一食っていうのは名前の通り一日三食という概念がある中で一日一食しか食べないという新しいミニマリスト的な考え方です。

芸能人も一日一食を実践されている方が多いほど健康法の一種です。

  • タモリ
  • ビートたけし
  • 水谷豊
  • 福山雅治
  • Gackt
  • 高橋一生
  • ダレノガレ明美

など...

これだけの芸能人が続けてるのにも理由があります。

一日三食ですと3回分の食事の時間が発生します。

1回の食事に30分と仮定して、一日三食ですと少なくとも1時間半は毎日食事に支配される事になります。

1週間にしたら12時間、1ヶ月にしたら48時間(2日間丸々)は食事に時間を費やす事になります。

これに作って片付けをしてという手間を加えたらもっと時間を取られる事になります。

これを一日一食にするだけで3分の1の時短になります。

しかも一日一食は医学的にも体に良い事が証明されています。

一日一食のメリット

太らない

f:id:akinori33:20200315231726j:plain

めっちゃ食べたとしても人は一度に2,000kcalくらいしか食べきる事ができません。

一日一食を実践すれば例え2,000kcalを1回で食べてその前後で食事をしなければ太りません。

標準的な体型の成人男性の場合一日の摂取すべきカロリーは2,300kcal〜2,600Kcal

標準的な体型の成人女性の場合一日の摂取すべきカロリーは1,800kcal〜2,000Kcal

長生きできる

f:id:akinori33:20200315231749j:plain

長寿遺伝子の恩恵を受ける事ができます。

実は遺伝子的にもカロリー制限をするという事はとても良いとされています。

サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)と言って、カロリーを制限する事で長寿遺伝子が活性化されるという研究結果が出ています。

これは食事の量を4割減らすと1.5倍長生きし、表情は生き生きとして毛並みよく外見外観が若く美しくなる事が証明されています。

 

脳細胞が活性化される

f:id:akinori33:20200315231820j:plain

ちなみに脳が活性化されるタイミングというのは”飢え”と”寒さ”を感じたタイミングが活性化されると言われています。

その為食べない時間を意図的に作る事によって脳を活性化するという時間を広げる事ができます。

 

体臭がなくなる

食事の量を減らす事で血中のコレステロールが減り、それのおかげで皮膚の脂分が減り体臭がなくなります。

余談ですが体臭が気になる方は肉よりも魚を多く摂取した方が良いと言われています。

 

疲れにくくなる

f:id:akinori33:20200315232036p:plain

 一日一食にすると体が消化の為にエネルギーを使ってるという感覚が本当になくなります。

消化という作業は自分たちが思っている以上にカロリーを物凄く使っています。

また消化作業中に新たに胃に食べ物を入れると胃や腸に負担がかかります。

一日一食にすると内臓系に負担がかからない為疲れにくくなり、血液も消化気管から脳に回るようになる為集中力が高くなります。

 

痩身体質改善

一日一食をやっていくとどんどん体重が減っていきます。

また食べる量も日々減っていきます。

それが科学的そうなっていくのかは分からないですが、恐らく一日一食は食べられる量に限りがある為胃が小さくなっていくというのもあるのかなと思います。

 

お金の節約ができる

当然一日一食しか食べない為です。

3分の1コストカットができます。

 

一日一食のデメリット

周りの人からすごい心配される

「一日一食始めたよ」というと「大丈夫?」とすごいいろんな人から心配されます。

今は言われる事に関しては慣れましたが、基本的に『一日一食=不健康』みたいなイメージがあるそうです。

大体一日三食という固定概念がある人から見れば一日一食というのは決して良い事だとは思ってもらえていません。

自分からはあえて言わない方が良いかも知れません。

僕も最近は聞かれたり話題になったら言うようにしてます。

 

栄養不足に注意

一日三食を取り続ければ大体必要な栄養素をとる事は可能だとは思います。

ですが一日一食となると食べられるものも限られてくる為その中で栄養素の調節がかなり必要となってきます。

その為ちゃんと不足なく栄養を取らないとマジで倒れるので注意です。

栄養が一部不足してると体は本当に敏感で、例えば吹出物ができたりとかします。

そうやって分かる範囲内は意図的に食事のコントロールをする事が必要です。

 

一日一食で気をつける事(注意点)

一日一食を長く続けられるかです。

何かを始めるときは大体この壁が大きいですよね。

三日坊主になると元も子もありません。

 

これから一日一食を始める方

マジで一日一食を始めようとしている方は食事制限なしで一日一食好きなものを食べてください。

始めたては空腹感がすごいあります。

それを抑える為にも最初はストレスなくやることが大事です。

自分の中でストレスを感じながらやっていると本当に意味がありません。

ストレスなくやりながら徐々にシフトチェンジしていく事をおすすめします。

まずは無理なく一日二食から

いきなり始めるにしても一日一食は無理って方は一日二食から始めてみましょう。

その次に二食から1.5食、そして最後は一日一食にしてみるんです。

このように徐々にやっていくと良いと思います。

今までの一日三食の常識を捨てる

もう一日三食と言う考え方はまず捨てて下さい。

今回は一日三食の考え方を否定しますが、一日三食もそれはそれでメリットはあります。

今回は一日一食を実践しようと考えてる方に向けて解説してます。

一日三食は誰が決めた?

発明家のエジソンと言われたりもしてますがそれはさておき、これからはあなたが自分の常識を作って下さい。

一日一食を長続きさせるコツ

食糧をストックさせない。

セールに負けて買いだめなどは厳禁って事ですね。

美味しいものが冷蔵庫を開けてある状態だと間違いなく僕は食べます。

そんな誘惑は排除して下さい。

 

よく噛んで食べる

よく言われるのがしっかり何回も噛むと脳から満腹中枢が刺激され満腹感を感じやすいと言われています。

特に早食い大食いの方は満腹中枢を刺激する前に噛まずに胃に飲み込むって方もいるそうです。

逆に噛むという作業はダイエットや一日一食にとても重要な事なんです。

また科学的に言えば、人は口に物を入れてから脳がそれが食べ物と感じるまで20分くらいかかるそうです。

一日一食になると顎を使う機会が激減します。

一日一回の食事になればしっかりよく噛んで顎を鍛えることも大事になってきます。

 

一日一食はいつ食べるのがおすすめか

僕は夜をおすすめします。

夕飯を食べた方が良い理由は飲み会や人との食事の場に誘われるケースがあるからです。

食事は人とのコミュニケーションで本当に良い場所です。

朝、昼は働いて夜はそのような機会が多い為、毎回断っていたら友達がいなくなります。

そういう人との繋がりは自分の食事と一緒なくらい大切なことですので、一日一食をどこの時間帯で食べると言ったら夜に置く事をおすすめします。

それから先ほども説明しましたが、食事をすると血液が消化器官に回ってきて眠くなることもその理由の一つです。

 

一日一食は危険?

いろんなネット記事や本などを物色しましたが、まだネガティブな事っていうのは一切書かれていません。

実際僕は一日一食にしてもう1年くらいになりますが肌荒れなども感じた事がないですし、むしろ健康体です。

逆に悪い部分があれば知りたいくらいです。

 

最後に

今回は一日一食という実体験を元にまとめてみました。

この記事を読んで「一日一食」試してみようかなと思う方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

以上になります。

最後まで、お読み頂きありがとうございますm(__)m

 

インスタ( akinori33333)始めました。

やられてる方気軽にフォローお願いしますm(__)m

 

▼宜しければポチって頂けないでしょうか?

スポンサーリンク