アキノリがブログ

31才でセミリタイヤ。生活にお助けになるような情報を紹介レビューしてます。その他気ままに日々の生活を執筆してます。

なんでもない事にイライラする。自尊心を高めれば幸せになれる。

どうも、アキノリです^ ^

最近仕事や私生活でイライラする...あなた。

自尊心を高めてみてはいかがでしょうか。

僕が普段気持ちのコントールができなくなった時にこの本を読んでメンタルリセットさせてもらってます。

人は意識してないと忘れる生き物ですから。

 

この『うまくいっている人の考え方』の本の中から一部抜粋して紹介します。

 

自尊心とは

自分を愛し、他人と同じ様に自分も素晴らしい人生を創造するに値する人間だと信じる気持ちの事

自分を好きになる→自分に寛大になる 

したくない事ははっきりと断る

「私はそれをしたくありません」と言い切る。

嫌なことを言う人は相手にしない

自分に嫌なことを言う人はとても可哀想。

相手をだしにして優越感を感じる事で自分の自尊心を補っている。

相手の自尊心を高めるために自分の自尊心を犠牲にしなければならない理由はない。

地位や財産で人を判断しない

業績や地位はその人が自分より価値のある人間だという根拠はどこにもない。

たくさん失敗して、たくさん学ぶ

失望を感じさせるような失敗があったときでも、私たちは一つの大変な重要な真実を見逃している。失敗は貴重なことを学ぶ絶好の良い機会である。

自分の間違いは堂々と認める

しょっちゅう間違うからといって世間から追放されるわけではない。

いつも正しい必要はない。

肩肘張って生きる必要はない。間違いを犯すという事は、人間的だという事。

間違いを認められるという事は人間的に円熟しているという証。

自分をけなさない

自分にプラスの言葉をかければ自尊心が高まる。

仕事を楽しむ

自分が嫌だと思っている仕事をして毎日過ごす事は無意味だ。

軌道修正するため段階的に計画をたてそれを確実に実行する事だ。

自分は幸せになれると信じる

私たちは自尊心の度合いに応じて、自分にふさわしい人間関係や状況に自分を引き込んでいる。

自尊心の乏しい人は居心地の悪い不快な状況にしばしば巻き込まれ、けなし合う事態さえ招いてしまう。

自分のしたい事をする

自分の事を他人がどう思っているかを不当に重視すると、自分を他人よりも人間的に劣っていると思い込んでしまうようになる。

他人の意見を優先すればするほど、自分が本当にしたい事をする自由が失われる。

不平、不満を言わない

不平不満を言っても自分にとってプラスにはならない。

自分が不幸を招く考え方をしていると気づいた時は、すぐに頭を切り替えて楽しい事を考える。

不幸を招く考え方を避ければ、より幸せになる。

他人に期待しない

他人が自分とほとんど同じ行動をとるものだと思いがちである。

だから他人が意外な行動をとると、腹を立てたり、ガッカリしたり、心配になったりする。

他人に行動はその人なりの背景によって形成されるから仕方ない事である。

自分を他人と比較しない

他人と比較する事でセルフイメージを育てる妨げになるだけ。

 

 

以上になります。

最後まで、お読み頂きありがとうございますm(__)m

 

インスタ( akinori33333)始めました。

やられてる方気軽にフォローお願いしますm(__)m

 

▼宜しければポチって頂けないでしょうか?

スポンサーリンク