アキノリがブログ

31才でセミリタイヤ。生活にお助けになるような情報を紹介レビューしてます。その他気ままに日々の生活を執筆してます。

潰瘍性大腸炎と診断されるまでアホか言うくらい食べてた物

どうも、アキノリです^ ^

 

潰瘍性大腸炎の初期症状が現れる前に好んでめちゃめちゃ食べてた物があります。

毎晩決まってこの組み合わせでした。

缶コーヒー(微糖)

f:id:akinori33:20200223203041p:plain

シュークリーム

f:id:akinori33:20200223203110p:plain

 

共通なのはどちらも甘い。

甘い物は腸の中で悪玉菌を増殖させるそうです。

それにコーヒーは刺激物でもあります。

好きだからと言って過度に取りすぎるとあなたも腸が悲鳴をあげるかもしれません。

あの頃は夜勤の仕事もやってて溜まった疲れから甘い物を欲しておりました。

それから休みの日は決まってラーメン

f:id:akinori33:20200223204139p:plain

汁を全て飲み干しておりました(>_<)

潰瘍性大腸炎は何が原因とかは医学的にも解明されてませんが、常日頃の食事が影響を与えているのは非常に大きいとは思います。

まさか20代で自分の食事に気を使い出すとは思ってもみなかったです。

そのおかげと言ってはなんですが健康志向の話で年配の方と話が合うのは会社時代に役にたったかもしれません。

これから年を重ねるにつれて「まさか自分が...」って事を経験していく事が増えるんだろうなぁって思いますね。

潰瘍性大腸炎になる前は歳の離れた上司や先輩に「今食べてる物が10年後に現れるから」「そんな物食べたら体壊すで」とか予告をされてましたが耳も傾けず聞き流していました。

だからこそ僕はこの潰瘍性大腸炎になった事をキッカケに経験者の「〜しといた方が良いよ」って言うようなアドバイスはどんな事でも積極的に信じるように心がけるようになりました。

以上になります。

最後まで、お読み頂きありがとうございますm(__)m

 

インスタ( akinori33333)始めました。

やられてる方気軽にフォローお願いしますm(__)m

 

▼宜しければポチって頂けないでしょうか?

スポンサーリンク