アキノリがブログ

31才でセミリタイヤ。生活にお助けになるような情報を紹介レビューしてます。その他気ままに日々の生活を執筆してます。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)で確定申告は税理士いらずに!

アキノリです。

 

このブログを初めてから毎日更新を目標にやってきましたが、

 

日々が忙しく中々ブログと向き合える時間が作れないです。 

 

まぁ言い訳なんですが、

 

ところで、

 

「無知は損」だと思いました。

 

確定申告の事です。

 

あなたは準備は進んでいますでしょうか?

 

僕は昨日自分と妻の分まとめて作成完了しました。

  

2年前に会社を辞め、

 

去年人生で初めて確定申告というのをやりました。

 

ですがもうやり方を忘れてました。

 

自分の力では書類作成は不可能なので、

 

去年から「クラウド会計ソフトfreee」を使ってこまめに記帳してました。

www.freee.co.jp

 

確定申告のやり方が分からないって方、税理士さんを雇いたくないって方、この会計ソフトが全てやってくれますのでおすすめです。

 

個人事業主の方に一番愛用されてるソフトだと思います。

 

さて本題の確定申告についてお話ししていきましょう。 

確定申告って何?

1年間の所得を計算し、納める所得税金を確定する事です。

条件によりますが、収入がある場合は確定申告が必要になります。

僕はサラリーマン時代に確定申告はやっていません。

なぜなら会社が所得の計算を行い、同時に納税もやってくれていたからです。

しかし、

会社を退職し個人で収入を得るようになった今、

誰かが代わりに税金の計算、納税をしてくれるわけではありません。

ちょっと前に確定申告をやっていないが為に、

ある有名人が謝罪会見をしてましたよね。

確定申告・納税は国民の義務なんです。

期間は?

通常は毎年2月15日から3月15日まで。※土日など挟んだ場合前後します。

今年は令和2年2月17日(月)から同年3月16日(月)までです。

【注意】期間をすぎると当然罰則(無申告加算税や延滞税など他)があります。

↑面倒くさいなら期間内に行いしっかり税金を納めましょう。

詳しくは以下のページを参照

(作成に)必要な物は?

  1. マイナンバー
  2. 身分証明書
  3. 印鑑
  4. 申告書(こちらからダウンロード可能
  5. 通帳
  6. 給与明細(又は所得が明らかにできるもの)
  7. その他控除を受けるための証明書

やり方は?

書類の作成です。

作成書類は主に二つの申告方法があります。

  • 青色申告:細かい帳簿付けが求められるが、税金が軽くなるなど、様々な特典がある申告方法。事前に届出が必要

 

  • 白色申告:会計の知識は青色申告と比べると必要ありませんが、その分特典がありません。事前に届出は不要。

 

ちなみに僕は青色申告をします

 

青色申告はメリットがたくさん!

  • 青色申告特別控除(最大65万円)もちろん条件によりますが所得から差し引く事ができる
  • 30万円未満の事業の為に購入した物(減価償却資産)は一括経費にできる。パソコン、コピー機などなど
  • 自宅をオフィスにすると、家賃や電気代の一部も経費にできる(事業で使用してる面積は総面積の内なん%。みたいな...ちょいとめんどい)
その他細かく数えると50以上あるそうです。

その全てが節税対策になるのでそれなりに稼いでいる方は青色申告をしないと勿体ないですね。

要するに青色申告は国が認めた、税金を軽くできる制度だという事ですね。

青色申告のデメリット!

  • 帳簿付けが面倒(複式簿記っていうやつ)

ただし、会計ソフトを利用すれば細かい帳簿付けも楽勝なので恐れる必要はありません。

さらに節税できる!見逃してはいけない控除

  • 基礎控除38万円が引かれる(無条件に引かれます)
  • 個々の事情によっては所得控除(14種類くらい)も受けられる

※所得控除は税務署から教えてはもらえないので自分で当てはまる種類を見つけて申告する必要があります。

 

 

 

主な所得控除3つだけご紹介します ↓↓↓

 配偶者控除・配偶者特別控除

f:id:akinori33:20200120203443p:plain
参考:(国税庁)(https://www.nta.go.jp/users/gensen/haigusya/pdf/02.pdf)を加工して作成

僕は赤枠の項目に当てはまりました。

妻の収入が123万円を超えていましたので残念ながら配偶者控除は今回はなしです(TT)

参考:No.1191 配偶者控除|国税庁

社会保険料控除

国民健康保険料国民年金、国民年金基金、厚生年金など、本人の分だけではなく生計を一にする配偶者や親族の分を支払っている場合は全額控除されます。

払ったことを証明するものは保管しておくように注意してください。

保険料・年金はかなりの負担になるので、必ず控除した方がいいです。

参考:No.1130 社会保険料控除|国税庁

医療費控除

これに時間を取られました。

ポイント

本人や生計を共にする配偶者や親族の年間の医療費が、

10万円を超えた年は医療費控除を受けられます。

※その年の総所得金額等が200万円未満の人の場合は、総所得金額等の5%の金額)

ようは診察通院入院費病院までの交通費など病気や怪我を治すために使ったお金は基本的には含まれます。

僕も去年は持病の潰瘍性大腸炎の通院費であったり、別の事でちょっと手術もしたり、妻も病院に何回かお世話になった事もあり余裕で10万円超えていました。

まずエクセルで入力します↓(この領収書の入力で2時間近くかかりました。) 

参考医療費集計フォームを加工して作成 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/index.htm

作成したら会計ソフトに提出用の様式にインポートしたら自動で作成し印刷されます。

(領収書の提出は不要・5年間保存義務あり)

補填される金額とは?

上の表の項目で「補填される金額」という欄がありますが、

これは生命保険の給付金や、その他助成金等をさすようです。

※入力する場合は実際に払った金額より給付金・助成金等の方が少ない場合のみ入力します。これを理解するのに色々ググりました。

参考:No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)|国税庁

【妻の確定申告】2カ所で勤務

掛け持ちをすると2カ所のうち1カ所は給料が少なくても、所得税を毎月引かれます。

それは「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と言うのを1カ所にしか提出できないからです。

「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」が出せないため、所得税を毎月引かれるのです。

その所得税は払い過ぎている可能性がある為、確定申告によって還付を受けられます。

作成は源泉徴収票の「支払い金額」と「源泉徴収税額」を

【確定申告書等作成コーナー】-作成コーナートップ

参考:国税庁

 に入力案内に従っって簡単に作成できます。

最後に

少しでもあなたの力に慣れたでしょうか?

この機会に確定申告を勉強できて為になりました。

無知は損だとつくづく考えさせられました。

f:id:akinori33:20200121005652p:plain


 

以上になります。

最後まで、お読み頂きありがとうございますm(__)m

 

▼宜しければポチって頂けないでしょうか?

スポンサーリンク